ぐっすり眠りたい人へ。睡眠障害のメカニズムと治し方について

家族

鬱病との関係

うつむく

あるひとつの病気が、別の病気と関係を持つというパターンはよく見られるものです。そういう意味で、睡眠障害と鬱病との関係は語ることが出来るでしょう。
鬱病に悩んでいる人は、睡眠障害、特に不眠症の症状を訴えることが多いと言われています。
不眠症の中でも、眠りが浅くなってしまう「熟睡障害」や、まだ外は暗い時間に目覚めてしまい、そこから明るくなるまでついに再び眠れないという「中途覚醒」という症状が多いのです。

睡眠障害は、鬱病の症状のひとつであると言われることもあります。それだけ関係は深いということですが、眠るのに苦労している人がいたとしたら、それは鬱病の前兆かもしれないのです。
上の行に書いたのは鬱病になってしまっているからこそ不眠症の症状が出てくるというパターンですが、逆に、不眠症が初めにあって、次に鬱病が出てくることもあります。
眠れない眠れないと不眠で悩んでいる人が、いつからか鬱病になってしまうというパターンです。

このように、2つの病気はそもそも深い関係を持っていて、その治療の方法も互いに関係し合っています。不眠症を治すために、抗鬱剤が使用されることがあるのです。
睡眠薬と抗鬱剤を併用することで、鬱の症状と不眠の症状を治療してしまうことが出来るという場合があります。